株式会社栗原紙材様 導入事例

より高い安全性を保った中で
機密文書を処理

お客様企業名 株式会社栗原紙材
業種 リサイクル事業
導入機種 破砕機

関東を中心にして古紙リサイクル事業を展開し、循環型社会システムの構築と、環境保全活動を行っている株式会社栗原紙材様。
破砕機導入にあたって、重要視したことは高効率・安全性であり、処理能力としては、3tから5t程度のものを検討していた。
そのレベルの能力を持つ機械を海外製でも検討したが、現状、他の事業所で使用している海外製の高速回転のものや丈夫なカッターのものは、メンテナンス部品の取り寄せに時間とコストを擁してしまう等不満があった。

現在破砕機本体にはオプションの投入コンベアと排出コンベアを付け、排出した細断古紙はスコップを付けたフォークでベーラーのコンベアへ投入している。
また選別台は作業員の作業効率が上がるようオリジナルで製作し、作業しやすい高さになるよう工夫されている。
当初は、粉塵対策用の集塵機の設置も考えたが、導入の破砕機は粉塵がほとんど出ないだけでなく、思いの外、音も静かだったことは想像以上だった。

現場の声としては、センサーが各所についている為、過投入になった時にも機械が自動的にコントロールするので安心して作業に取り組めているという。
また破砕機導入で、より高い安全性を保った中で機密文書を処理できるようになった。
従業員はもちろんのこと、お客様にも立ち合いサービス等を行い、この安全性を伝え広めていきたいという。