株式会社山博様 導入事例

作業効率大幅アップ
時間と人を効率良く活かす

お客様企業名 株式会社山博
業種 リサイクル事業
導入機種 破砕機

関東2拠点で、古紙回収を中心としたリサイクル事業を展開されている株式会社山博様。

今回の導入前に使用していた海外製の破砕機は、故障が頻繁に起こりその修理に時間を費やしてしまうことや、刃の交換が年に2回は必要だったこともあり、使い勝手が非常に悪かった。
また処理能力も時間当たり1t程度と使用量に対して低く、メンテナンスの面でもコスト面でも問題が多かった。
こういった問題の発生により、機密文書を持ち込んでいただくお客様にもお待ち頂かなければならないことが多々あった。

以前より使用していた投入コンベアを再利用し、破砕機で細断処理された機密文書は、特注の鉄籠コンテナで受けて、そのままフォークリフトで運び、ベーラーのコンベアへ投入している。
それまで使用していた機械に比べ、3倍も処理能力が高く、鉄籠コンテナ直接受けることにより、作業効率が以前より大幅にアップし、 時間と人を効率良く使うことができるようになった。

また、破砕機自体の消費電力も海外製と比べ、かなり少ないうえ、排出コンベアを配置しないことでさらなる電力削減につながっている。

従来の機械と比較して破砕機の処理能力が格段に上がった為、お客様から預かった機密文書を迅速に処理できるようになったという。