株式会社紙資源様 導入事例

受け入れ量の増加により
ユーザー価格の引き下げが可能に

お客様企業名 株式会社紙資源
業種 リサイクル事業
導入機種 破砕機

福岡県下5拠点で、古紙回収業を中心にリサイクル事業を展開されている株式会社紙資源様。

以前使用していた他社製大型シュレッダーでは、部品がほぼ海外製で修理に多くの時間を要していたり、九州地区ではメンテナンスの体制が整っていないといった課題があった。
また、受け入れ量を増加させるため相応の処理能力を求めていたが、価格と性能、メンテナンス面において希望するレベル以上の商品が見つけられなかった。

現在破砕機本体にオプションの投入コンベアと排出コンベアを付けて、排出した細断古紙はスコップを付けたフォークでベーラーのコンベアへ投入している。

当初は、多用途に使用できる一軸破砕機も検討したが、音も大きく、粉塵も発生するため機密文書処理には適していなかった。
導入機は二軸破砕機であり、音も静かで粉塵も少なく能力も期待以上だった。

これまでは車載シュレッダー1台だけだったため、処理量に伴い受け入れ量が限られていたが、導入した破砕機は時間当り3tと処理
能力が非常に高くなった。
そのため、従来機との処理能力を比較して処理料金の価格設定を
見直し、1㎏当たりの受け入れ価格を大きく下げることが可能に
なった。

今後はさらに受け入れ量を増やしユーザー価格を引き下げていくと
ともに古紙再生や機密文書の流れを広くアピールしていきたい
という。