船橋市役所様 導入事例

来庁者に対する対応に余裕が生まれ
業務効率向上に加えサービス意識の向上にも

お客様企業名 船橋市役所
業種 自治体
導入機種 MSボイスコールNEXT

千葉県の北西部に位置する人口61万人を擁する船橋市役所様。

これまでは発券機の導入がされていなかったため、来庁者は各窓口の前に並んで待つしかなく、混雑時には順番まで1時間以上待ち続けるケースもあった。 また、どこの窓口に行ったらいいのかわからない、窓口で名前を呼ばれたくない、後ろの人に相談内容が聞かれてしまう、繁忙期には長蛇の列ができている等といった様々な苦情が入ることもあった。

さらに、職員も列が尽きるまで次々と対応を余儀なくされ事務的な対応になってしまうことも少なくなかったという。

戸籍住民課、国民健康保険課、国民年金課、それぞれにMSボイスコールNEXTを設置することにより業務内容を見やすくデザインしたサインとそれに合わせた発券画面で、来庁者を迷わず案内するスムーズな導線を生み出した。

さらに、各課ごとにサインと色を合わせたエプロンのフロアマネージャーが発券機と記帳台をサポートしつつ、来庁者を名前で呼ぶのではなく番号で呼び出すことで、プライバシーが保たれるとともに、順番もソファに座り待つことができ、待ち時間に対する苦情も大幅に改善された。

また、複数の手続きが必要な来庁者に、職員が次の手続き窓口をお伝えすることで、 手続きの取りこぼしがなくなり、来庁者は一度の来庁で求める手続きをすべて行えるようになった。

さらに、発券機による順番整理により、一来庁者ごとに対する窓口での対応に余裕ができ、業務効率向上 に加え、おもてなしの意識が生まれサービス向上につながったという。