豊田市役所様 導入事例

全庁統一のシステムでありながら
カスタマイズにより条件が異なる各窓口に対応できるように

お客様企業名 豊田市役所
業種 自治体
導入機種 MSボイスコールNEXT

愛知県の6分の1の面積があり、人口42万人を擁する豊田市役所様。

増改築の繰り返しにより本庁舎が3棟に分かれているため案内がわかりにくくどこで何の手続きができるかわからず庁舎内でとまどわれる方が少なくなかった。
また、各課の判断で窓口運用していたため導入している発券画面のシステム、デザインが統一されておらず来庁者にわかりづらい印象を与えてしまっていた。

東庁舎の建て替えに伴い、各庁舎の導線の改善及びカスタマーサービス向上を目的に「窓口づくり検討会」を結成、これらの課題を洗い出した上で詳細な仕様を検討し、各課における発券システムの使用方法のすり合わせ、 わかりやすい窓口を造るため協議を行った。

市民課、国保年金課、納税課それぞれの窓口にMSボイスコールNEXTが設置されたことで、全庁統一のシステムでありながらもカスタマイズによって条件が異なる各窓口に対応できるようになった。
また案内サインと意匠に合わせた画面デザインにしたことにより来庁者をスムーズに案内できるようになった。

さらに、健康づくりキャラクターである「きらちゃん」を発券画面や窓口案内サインにも登場させたことで、豊田市らしさを表現するとともに庁舎内が明るくなり来庁者にとって訪れやすくなったという。