新潟市西区役所様 導入事例

音声と見やすい個別表示器により、自分の順番が
すぐに分かるように

お客様企業名 新潟市西区役所
業種 自治体
導入機種 MSボイスコールNEXT

新潟市の西部に位置し、人口約16万人を擁する新潟市西区役所様。

これまでは、それぞれの課の各窓口で手製の番号札を使用し、呼び出しは職員の声で行っていた。
番号札の色を変えるなど工夫はしていたが、各窓口で同じ番号帯を使用していたため、声だけの呼び出しでは分かりづらい部分があった。

また、職員は事務を行っている時お客様に気づかずお待たせしてしまったり、お客様は自分がいつ呼び出しをされるのか、既に呼び出しされてしまっているのではないかなどの不安もあったという。

新庁舎には新たに案内担当者が常駐する総合案内を設け、職員が お客様の目的を確認し担当窓口を案内するようにし、また各課ごと でもフォローが出来るよう区民生活課、健康福祉課の前にもそれぞれ 連動した発券機を設置した。広く見渡せるカウンターとしたことと併せ、 移転後はお客様に気づかず待たせるようなことがなくなったという。

さらに、複数手続きが必要なお客様に対しては、職員がカウンター内の発券機で 次の窓口発券を行いお客様に手渡すことで、スムーズに案内が出来るようになった。

混雑時、担当カウンターが空いていない時は、別カウンターでの呼び出しが可能な ため待ち時間の短縮につながっている。