夜のオフィスで篇

ストーリーボード

  •  ⇒デスク風に置いてあるMSQ30の中から、カサコソと物音がし始める・・・
  •  ⇒スポットライトに照らされたキャラクターがピョコっと顔を出す
  •  「重要な書類って、」
    「残しておくときけん!!」
    ⇒デスク風に置いてあるMSQ30の中から、カサコソと物音がし始める・・・
  •  「手元でしっかり処分したい」⇒「国家機密から心の秘密まで。」と書かれた極秘資料がシュレッダーの中に入っていく
  •  「そんなあなたに」 
  •  「MSQシリーズ新発売」⇒商品カット
  •  「これで安心」⇒MSQ30さえあれば、どんな種類だって安心。喜びのあまり、飛び跳ねたり、転がったりする2人。
  •  「誰かきた!!」⇒誰か来たのか!?スポットライトも消え・・・慌ててシュレッダーの中に帰って行く2人。
  •  シャラランラン シャララー MSシュレッダー⇒C.I

メイキング

  •  4月某日。とあるオフィスビルにて撮影が行われました。
    前作同様、アニメーションのプロデュースは白組。
    キャラクター製作は彩工房。そして、実際に動かすのは、龍沢さんという操りのプロが行います。写真は、監督との打合せ風景。
  •  いよいよ撮影開始です。
    釣り糸に固定された2体のキャラクターを右手左手を駆使して演技をします。
    しかも、龍沢さんは上から見ている為、「今、カメラにどう写っているのか?」を同時に考えなくてはならないのです。
  •  撮影もいよいよ佳境にはいります。この時点で撮影は6時間を経過。
    痺れた足をかばいつつ、アシスタントがシュレッダーする、
    タイミングに合わせキャラクターを動かします。
    10数テイクを重ね、現場に重苦しい空気が流れる中、
    まさに命が吹き込まれた瞬間、監督からOK!の声が。
  •  撮影も終わり、ホッとひと安心のキャラクターです。
    そうそう、すみません。残念ながらキャラクターの作り方は極秘です。
    特に、難しいのは弾力の部分でしょうか。これは特殊なスプリングを仕込み、ポヨンと
    弾む感じにこだわっています。CMで多少変形しているのは、全て実写なんです。
    手作り感溢れる新シリーズの今後にご期待下さい。

CM制作スタッフリスト

Prd株式会社マザース
CD/PL/作詞郡家 淳(マザース)
CW/PL石岡 怜子(石岡怜子デザインオフィス)
PL/Dir友久 陽志(マザース)
Pr風間 克二/倉田 幸英(マザース)
Ani白組
M谷 康一/BOOK-M
PM高良 真秀(マザース)