仕事と社員紹介

recruit_takano1

部下の成長を肌で感じた時や、部下の案件を受注に繋げることが出来たときはやりがいを感じます

営業本部 東京第4直販部 課長 高野 健介
2004年 新卒入社

1-Takano-Kensuke

今、どのような仕事をしていますか

入社以来、本社直販部の主にエリア営業として経験を重ねてきました。直接お客様と向き合う営業の為、いかにお客様の立場になって提案できるかなど、非常に多くのことを学びました。
私は入社7年目より、営業課長という役職でチームのリーダー役を担っています。主な仕事内容は担当している大手金融・民間企業への訪問、部下が担当しているお客様への同行営業、所属部門の売上管理です。特に部下との同行営業では、現場でのOJTを兼ね、部下の知識、能力の向上を重視し、これまでに私が経験してきたことを少しでも多く伝えられるように、日々心がけています。意欲と結果次第で社歴に関係なく責任ある仕事を任せてもらえる環境にあります。

今、どのような仕事をしていますか

職場はどのような雰囲気ですか

私が所属している部署は全社の中でも年齢の若い社員が多く活気があります。 ノー残業デーの増設やシフト勤務制度の導入など、今まで以上に仕事とプライベートのメリハリをつけて働くスタイルが推奨されており、それに沿った働き方をしています。
仕事をしているとミスはつきものですが、そのような時は上司からのサポートやご指導をいただくことで、心強い支えのもと安心して仕事に取り組めます。

職場はどのような雰囲気ですか

仕事のやりがいを感じるポイントを教えてください

当社は官公庁を始め、大手金融機関や、上場企業など非常に幅広くお取引いただいています。営業である以上、誰しもが大きな仕事に挑戦したいものだと思います。当社ではそれらのお客様に対して、大型機の提案や、一度に100台を超える提案、シュレッダーの細断屑をコピー用紙に再生するリサイクルシステムの提案など、自身の意欲次第で誰もがそのような大きな仕事に挑戦できます。部下の担当しているお客様への同行営業をする時は、私の役割をよく考え、商談などをいかに前向きに進められるかに注力しています。現場での仕事を通して部下の成長を肌で感じた時や、何よりも部下の獲得した案件を受注に繋げることができた時はやりがいを感じます。