Voice Call for Pepper ボイスコール for Pepper © SoftBank Robotics Corp. All rights reserved

オフィス環境改善

Pepperに受付を任せて、業務効率化&人件費削減を!

明光商会では「MS ボイスコール」を導入済みのお客様向けに、Pepperを導入するプランをご提案しています。
案内担当スタッフの代わりに知名度抜群のPepperを配置することで、受付業務の効率化や人件費削減が期待できます。

窓口案内システム MS ボイスコール Pepper for Biz窓口案内システム ボイスコール for Pepper

ソフトバンクロボティクス株式会社

窓口案内システム MS ボイスコール Pepper for Biz

人型ロボットPepperは、自治体、金融機関、交通機関、医療・介護施設、小売業など、約2,000社の企業で採用されています(2017年2月現在)
Pepperを活用すると受付業務の効率化や、案内担当スタッフの人件費削減も可能に。
人型ロボットはつねに安定した対応をおこなうため、人によるバラつきがあった接客サービスの均一化にもつながります。
さらにさまざまなロボアプリを利用すれば、多言語(英語、中国語)対応などの接客も実現できます。

窓口案内システム ボイスコール for Pepperのポイント

  • 受付スタッフが不要になる施設案内機能

    受付スタッフが不要になる施設案内機能

    目的に応じたキーワードをPepperに質問するか、胸元のタブレットを操作すると、Pepper と
    コミュニケーションできます。聞き取ったキーワードやタブレット操作をもとに、Pepper がお客様のご要望を判断し、適切な場所をご案内します。

  • 安定した接客が可能な待ち人数案内機能

    安定した接客が可能な待ち人数案内機能

    「MS ボイスコール」とPepperがネットワークを通じて連携し、番号札や待ち状況の情報を共有。「待ち人数はあと〇人です!」といった具合に、Pepperがお客様へお伝えします。
    人型ロボットならではのユーモラスな対応で、待ち時間の退屈とイライラの解消を図ります。

  • 新機能を順次追加し、幅広い用途で活躍

    新機能を順次追加し、幅広い用途で活躍

    Pepperにはさまざまなロボアプリを搭載できるため、導入後に新しく開発された機能を順次追加していくことができます。
    例えば、「MSボイスコール」と連携し、タッチパネルから番号札の発券をおこなう機能や、Pepperの音声でお客様を呼び出す機能などが想定されています。

詳しい内容はお問合せください。

お問い合わせ

閉じる