ドキュメントセキュリティーソリューション

なぜ、今紙媒体の管理が大切なのか

みなさんは、情報が漏洩する経路について考えたことはありますか?
実は、漏洩経路で最も多くを占めるのはデジタルデータではなく、紙媒体からなのです。
盗難や不正行為だけではなく、置忘れや紛失など、人為的ミスから流出するケースもあります。個人任せになっている紙文書の管理は、発生から廃棄までのルールを徹底し切れていないのが現実ではないでしょうか。
そこで、コンプライアンスの徹底を図るためにも、全てのドキュメントを適切に管理する仕組みを構築することが必要になるのです。

情報漏洩の経路

参考資料/NPO 日本ネットワークセキュリティ協会

ドキュメント管理の落とし穴

高機能なデジタル複合機や設備を活用し、紙の発生から管理まではとてもセキュアで効率的な環境が整いました。ただ、コレだけ徹底して管理したドキュメントを、みなさんはどのように廃棄していますか?

個人任せになっていたり、外部業者に受け渡したままになっていないでしょうか。
どれほど保管までを徹底しても、廃棄するときの情報(ログ)が管理されていなければ、今までの管理が水の泡です。発生から廃棄まで、紙のライフサイクルの全てを管理できるシステムを、構築する必要があります。

どうすればいいの?

発生する文章自体に重要文章であるという情報を持たせ「発生」「保管」「廃棄」の管理を行う必要があります。
ドキュメント管理におけるセキュリティ対策についてのご相談は明光商会にお任せください。

お問い合わせ

製品のデモンストレーション、カタログ請求、
ショールーム見学予定、見積依頼などについては、
こちらよりお問い合わせください。