新潟県新潟市 中央区役所様

MSボイスコール

ワンストップ化を推進した総合窓口システムを実現

導入前の状況・課題

新潟市を構成する行政区のひとつで、人口約18万人を擁する新潟市中央区役所様。平成29年8月の庁舎移転に伴い、ワンストップ化を推進した総合窓口システムの導入を検討することになった。
移転前はいくつかの窓口がひとつのフロアに混在しておりそれぞれの窓口に単体で発券機があり、連動はしていなかった。フロアマネージャーも一人しか人員配置できなかった為、フロアマネージャーがいる近くの窓口への案内はできるが、それ以外の窓口への案内が遅れてしまっていた。そのため来庁者はどの窓口に行けばいいのか迷ってしまうことがあった。
また来庁者が複数業務の手続きが必要な場合、最初に発券した番号で処理が終わった後、別の番号で発券しなおし再度順番をお待ちいただく必要があった。

導入後の声

MSボイスコールの導入後、フロア内のどこの発券機でもすべての業務を発券することができるようになり、さらに窓口の吊サインと発券機の業務名目を同じにしたことで来庁者自身で業務を迷わず選択できるようになった。また、フロアマネージャーのほかにコンシェルジュを配置することで、来庁者の案内をよりスムーズに行うことができるようになった。

以前は複数業務の手続きが必要な場合、手続きごとに発券しなければならなかったが、渡り発券機能を導入することにより同じ番号で複数の手続きが可能となり来庁者の滞在時間の短縮につながっている。また職員側のモニターでお客様がどの窓口でどのくらい待っているか分かるようになり、混雑時にも来庁者を待たせず効率的に窓口対応ができている。

明光商会担当者より

商業テナントビルへの移転に伴い、新潟市中央区役所様はワンストップ総合窓口の検討を実施し、来庁者に優しくわかり易いご案内が可能な窓口運用を目的とされました。
当社のMSボイスコールの様々な機能を最大限活用し尚且つ、中央区役所様もコンシェルジュ及びフロアーマネージャーを新たに配置され、来庁者をスムーズにご案内することが可能となりました。新潟県内自治体の手本となれる様、今後もご協力させて頂きます。