新潟県新潟市 西区役所様

MSボイスコール

音声呼び出しと見やすい番号表示器により、
自分の順番がすぐに分かるように

導入までの経緯・課題

新潟市の西部に位置し、人口約16万人を擁する新潟市西区役所様。

これまでは、それぞれの課の各窓口で手製の番号札を使用し、呼び出しは職員の声で行っていた。番号札の色を変えるなど工夫はしていたが、各窓口で同じ番号帯を使用していたため、声だけの呼び出しでは分かりづらい部分があった。

また、職員は事務を行っている時お客様に気づかずお待たせしてしまったり、お客様は自分がいつ呼び出しをされるのか、既に呼び出しされてしまっているのではないかなどの不安もあったという。

導入後の効果

新庁舎には新たに案内担当者が常駐する総合案内を設け、職員が お客様の目的を確認し担当窓口を案内するようにし、また各課ごと でもフォローが出来るよう区民生活課、健康福祉課の前にもそれぞれ 連動した発券機を設置した。広く見渡せるカウンターとしたことと併せ、 移転後はお客様に気づかず待たせるようなことがなくなったという。

さらに、複数手続きが必要なお客様に対しては、職員がカウンター内の発券機で 次の窓口発券を行いお客様に手渡すことで、スムーズに案内が出来るようになった。混雑時、担当カウンターが空いていない時は、別カウンターでの呼び出しが可能なため待ち時間の短縮につながっている。

明光商会担当者より

新庁舎への移転に伴い、新潟市西区役所様は「来庁者の移動を極力少なくするコンパクトなレイアウト」を目指しており、 窓口に対して様々な考えを持っておられました。これまで以上にサービスを向上させた窓口になるよう、什器メーカーにもご協力いただき新しい窓口づくりに参加させて頂きました。MSボイスコールは様々なカスタマイズや無線化によりコンパクトなレイアウトに対応し、多くのご要望を取り入れる事ができたと思います。
今後も引き続きご期待に沿えるよう頑張ります。