東京都 中央区役所様

MSボイスコール

区民の利便性を第一に考えた受付窓口の実現へ

┃導入までの経緯・課題

東京の都心を構成する23区の中でほぼ中央に位置し、人口約15万人を擁する中央区役所様。
平成28年1月の個人番号制度のスタートに向け、区民の利便性を第一に考えた受付窓口を実現すべく、新たに受付システムの導入を検討されました。
導入前は戸籍係に1台、総合窓口係に2台、計3台の発券機を各受付窓口カウンターに設置されていましたが、来庁者はどの発券機も同じだと勘違いしてしまい一番近い発券機を利用してしまうこともありました。

また、個人番号カードの交付は通常業務と別窓口での対応を考えていたため、現行のシステムでは受付システムでの対応が出来ないことが大きな課題となっていました。
手続きに訪れた区民から、窓口の設備の古さや受付体制の効率の悪さを指摘されることもありました。

┃導入後の効果

 ●MSボイスコール導入後、発券機を戸籍係と総合窓口係のカウンターに設置し、どちらの発券機でも同じ業務を発券できるようカスタマイズしたことで、来庁者がどちらの発券機からでも利用することが出来るようになりました。
 ●個人番号カードの交付に関しては、住民異動や印鑑登録などの通常窓口とは別に交付対象者のみで順番の整理が出来るようになりました。
 ●待ち人数を表示することで、混雑時には裏方の職員が一時窓口スタッフとして対応するなど、臨機応変に対応されています。

今後は、全ての受付を1階で行うことが出来るようにし、複数の窓口を回る来庁者については空いている窓口から効率よく回り、より早く手続きが完結できるように段階的に整備したいとのことです。


┃明光商会担当者より

中央区役所様は当初、経費節減を主体にご検討されておりましたが、区民の利便性を考慮した場合、将来的には窓口を「総合窓口化」し区民の利便性を高めていきたいというご要望もお持ちでした。
その中で総合窓口化するにあたっての条件を段階的に拡張出来ることを評価いただき、MSボイスコールの機種選定に至りました。