MSコラムMS Column

インフルエンザと新型コロナウイルスのツインデミック!紫外線効果でウイルス抑制

2022年の秋冬はインフルエンザ流行の恐れ・・・
「空気循環式紫外線清浄機」で安心の環境づくりを

┃初夏、日本でインフルエンザによる学級閉鎖が!オーストラリアでも罹患者急増

新型コロナウイルスが世界に拡大して以降、インフルエンザ感染者数は大幅に減りました。
しかし、2022年4月頃の真冬のオーストラリアでインフルエンザ患者が急増し、日本では真夏直前の6月、東京都内の公立小学校でインフルエンザによる学級閉鎖がありました。
この東京で発生した季節外れのインフルエンザ感染者の増加には、一体どのような要因が考えられるのでしょうか。
そして、インフルエンザウイルス流行のピークとされる秋冬を迎えるときに予想される事態とは・・・?

┃2022年の秋冬はインフルエンザと新型コロナウイルスが同時流行?

近年のインフルエンザ感染者減少の要因は、新型コロナウイルス感染拡大による予防対策の徹底がなされていたこと、行動制限やテレワークの普及などで生活様式に変化があったことなどが考えられています。
しかし、経済活動が復調すると同時に、これまであった感染対策も緩和されつつあります。
移動制限の撤廃や外出機会の増加、屋外でのマスク着用の緩和、インフルエンザウイルスに対する人々の免疫力の低下などから、2022年の秋冬はインフルエンザ罹患者が増加するのではと見られています。
そこで懸念されているのが、インフルエンザと新型コロナウイルスの同時流行「ツインデミック」です。

┃ツインデミック対策!予防接種や加湿に加え、空気循環式紫外線清浄機での対策も

インフルエンザ・新型コロナウイルスともに、飛沫感染や接触感染などといった感染経路が非常に似ています。
ツインデミックを回避するには、予防接種や加湿器での乾燥対策、空気清浄機でのチリ・埃・PM2.5対策だけでなく、ウイルス抑制に特化した空気循環式紫外線清浄機も一緒にご利用いただくことで、より安心でより快適なオフィス環境をつくることができます。
紫外線効果を利用した当社の空気循環式空気清浄機“エアーヴィオ”は、第三者機関によって高いウイルス抑制効果が認められており、この秋冬に懸念されるツインデミックの対策におすすめの商品です。
さらに、フィルターレスなので日々のお手入れやフィルター交換が不要という嬉しい特徴も!

明光商会自慢の空気循環式紫外線清浄機エアーヴィオを、秋冬に備えてぜひ今からお買い求めください!

※一般財団法人北里環境科学センター調べ(報告書番号 北生発2022_0034号)
※25㎥の空間にてAIRVIOをHIGHモードで稼働し試験実施
※効果は設置環境や使い方により異なります。

空気循環式紫外線清浄機 MS UV-Cシステム AIRVIO、AIRVIO+ 詳細ページはこちら

2022.07.28

記事一覧に戻る

【受付時間】9:00〜17:00
※土・日・祝日および当社規定による休日を除く

繋がらない場合は03-6858-1611まで
お問い合わせください