MSD-F500DM

オフィス

幅広いメディアに対応したデータメディア専用機

  • 投入幅
    200mm
  • 定格時間
    連続
粉砕方式
【本体】 標準小売価格
1,355,000円(税別)

機能/性能

  • 投入口安全カバー投入口安全カバー

    投入口のカバーでデータメディアなどの細断片が飛び出ないようにします。

細断可能物

基本機能

オートリバース 能力以上の紙を投入すると自動的に逆回転をして運転を停止します。
オートカット モーター温度が上昇すると自動的に電源が切れます。
オートパワーカットオフ 一定時間運転すると自動的に運転を停止します。
オーバーフローストップ くず箱が満杯になると自動的に運転を停止します。
とびらスイッチ とびらを開けると自動的に運転を停止します。
ブレーカ モーターを保護するため、過電流が続くと自動的に電源が切れます。
耐震アジャスター アジャスターを伸ばすことによって倒れにくく強固な安定性を生みます。
投入幅 200mm
細断寸法 約12.0×50.0mm(不定形)
定格細断枚数(50/60Hz) -
最大細断枚数(50/60Hz) -
定格時間 連続
消費電力(50/60Hz) 約750W
電源 AC100V
質量 約185kg
くず収容能力(A4PPC) ビデオテープ約40本
くず箱容量 約46リットル
メーカー保証 1年
搬入設置費 50,000円
消耗品

-

本体サイズ

W510 × D550 × H950mm

<p>W510 × D550 × H950mm</p>

製品の特長


モーターにスーパーポテンシャル・パワーユニットを搭載
投入された書類の量を内蔵コンピュータが判断、インバータデジタル制御で、モーターの回転速度を自動的にコントロールします。投入された枚数を処理しきれないことから起こる紙詰まりが軽減されるため、効率よく円滑な処理が行えます。