MSコラムMS Column

MSシュレッダーおすすめ機種!ハイスペックモデル「PD-F65P-LM」

「PD-F65P-LM」のここがすごい!

シュレッダーを選ぶとき、何を基準に選定しますか?
オフィスの環境によりシュレッダーに求める機能は多様化しています。
細断枚数、細断くずの形状や細かさ、細断音、使用時間など様々な選択肢の中から条件に合う機械を探すのは大変ですよね。そんな悩みを少しでも軽減できるようにMSシュレッダーのそれぞれ機種ごとの特徴をご紹介します。
今回ご紹介するのはMSシュレッダー最高峰クラスのPowerシリーズから1度に65枚細断できる「PD-F65P-LM」(以下F65P)です。
まずはこちらの動画をご覧ください。

■最大細断枚数 65枚

F65PはMSシュレッダーの数ある機種の中でもトップクラスのシュレッダーです。F65Pの最大の特徴として一度に細断できる枚数がなんと65枚
1度に細断できる枚数が多ければ多いほどシュレッダーの作業時間が減り、作業効率を高めます。
投入幅は310mmでA3サイズの用紙に対応しており、クリップ(28mm以下)、ホチキス(No.10、11)は外さずに細断ができます。

■大量細断を可能にしたカット方式

Powerシリーズに採用されているカット方式はパワークロスカットです。
高品質な円柱状の特殊鋼を使用し、精密な削り出しにより加工されたカッターは長時間使用してもカッター間に細断くずが詰まることなく、モーターからのパワーを効率よく使用して細断することが可能です。細断くずは圧縮されチップ状に排出されるのでセキュリティ性を高めます。

細断くずの寸法は約3.9×45mm。細断速度は1.1~5.8m/分で投入量が少ないときは速く、多いときはゆっくりとカッターの回転が自動変速します。

■一目で分かる最適枚数表示

最適枚数表示はMSシュレッダーの投入口中央に記載されており機種ごとに最も効率の良い状態で使用でき、より長くご利用いただくための最適な枚数を表示しています。一目で投入できる枚数が確認できるので無理な投入を防ぐことができます。F65Pの最適枚数は30枚です。

■くずならし機能とくずこぼれ防止板つき

F65Pには「ローリングリベラー」という自動くずならし機能と「くずこぼれ防止板」が備わっています。くず箱の上に内蔵されているレベラーが回転し、細断くずを散らしながら落下させ、一定量溜まると均等かつ隙間を理めるようにならします。
手でならす手間を省くことができ、細断くずの飛散を最大限におさえることができます。

■とびらを開けずにくず容量を確認

フロント面の一部がクリアパネルになっていることでとびらを開けずに細断くずの容量が確認できます。(ビューイングウィンドウ)

■投入量を色でお知らせ。紙づまり防止機能

シュレッダーの天面部に搭載されている「グラデーションランプ」は、投入した紙の量に応じて色が変化し、過投入による紙詰まりを防ぎます。投入量に応じて【 緑 → 黄色 → 橙 → 赤 】と段階的に色が変わっていくので視覚的に投入した枚数が最適なのか判断ができます。

■大きくわかりやすい非常停止スイッチ

お客様の安全を守るため、天面の手前側に大きくわかりやすい「非常停止スイッチ」を搭載しています。
押下すると全ての電力を遮断し運転が停止します。

■CD、FDなどのデータメディア類も細断が可能

耐久性にすぐれた特殊鋼カッターが、紙だけでなくカード類、CD、FD、MOといったデータメディアの細断を可能にし、万全なセキュリティ対策が行えます。
紙と同じく約3.9×45mmに細断します。

■安心の5年カッター保証

品質に対する絶対的な自信が実現した、ハイエンドモデルだけの5年カッター保証がついています。万が一のカッター故障時も安心で、長くご使用いただけます。

■待機電力 0W グリーン購入法適合

カッター停止から5分経過すると待機電力を0W(ゼロワット)にし、電力の消費を抑えます。「グリーン購入法」に適合した製品です。

 

~ まとめ ~

明光商会のショールームではシュレッダーをご覧いただいたり、細断テストをすることも可能です。
ご覧になりたい場合は下記のお問い合わせフォームからご予約いただくとスムーズにご案内ができます。
ご要望に合わせてご提案ができますのでご不明な点があればお気軽にお問合せください。

 

2021.03.19

記事一覧に戻る