MSコラムMS Column

MSシュレッダーおすすめ機種!データメディア専用シュレッダー

シュレッダー

CD、DVD、ビデオテープなど幅広い媒体に対応したメディア専用のMSシュレッダーをご紹介

紙とデータメディア(CD、DVDなど)を1台で細断処分できるシュレッダーもありますが、本ページでご紹介するのはデータメディア専用のシュレッダーです。
大量にCD、DVD、ビデオテープなどを処分したい場合や、傷をつけるだけでなく確実に復元不可能な状態に処理したい場合におすすめです。
明光商会でご用意している2機種をご紹介します。

1.幅広いデータメディアに対応する「MSD-F500DM」

■様々な種類のメディアを細断できる

データメディアの処理に特化した強靭なカッターを採用しており、CDやFDはもちろん、ビデオテープも約 12 × 50 mm(不定形)に細かく破砕することができます。

【細断可能物】
  ・カード類
  ・CD
  ・DVD
  ・FD(フロッピーディスク)
  ・MO
  ・ビデオテープ

■キャスター付きくず箱で細断くずを楽々処分

くず箱の容量は46リットル。紙に比べてデータメディアの細断くずは重量が重くなりますが、くず箱の下にキャスターがついているためスムーズに引き出すことができます。

▼ 使用方法、細断音は動画にてご確認ください

2.コンパクト設計でMSシュレッダーと連結設置ができる「DM-FC100」

■CD、DVDなど薄型メディアの細断が可能

ストレートカットのカッターを採用しており、以下のメディアを約45mm幅に細断できます。
直径120mmのCD・DVDであれば3分割です。
カード類は物理的には細断できますが、サイズによってはきちんと細断ができなかったり、細断サイズが45mm幅のためカード表面に印字された文字が読み取れてしまう場合があることから細断可能物としていません。

【細断可能物】
  ・CD
  ・DVD
  ・FD(フロッピーディスク)
  ・MO

■フロアタイプのMSシュレッダーと連結可能

シュレッダー本体のサイズは横幅200mm(転倒防止板含め300mm)×奥行500mm ×高さ850mm。
横幅がスリムなためスペースが限られた場所でも邪魔になりません。
もちろん単体での独立設置もできますが、奥行500mm ×高さ850mmのMS シュレッダーの横に連結設置ができます。
キャスター付きで簡単に移動ができ、設置位置に転倒防止板(機器の転倒を防止するための固定用の板)で固定します。

■くず箱は丈夫な厚紙素材で2タイプご用意

シュレッダー本体1台につき容量9リットルのくず箱が1個ついています。
容量35リットルのくず箱も別売りで販売しております。


~ まとめ ~

明光商会のショールームではシュレッダーをご覧いただいたり、細断テストをすることも可能です。ご覧になりたい場合は下記のお問い合わせフォームからご予約いただくとスムーズにご案内ができます。
ご要望に合わせてご提案ができますのでご不明な点があればお気軽にお問合せください。


 > MSD-F500DMの製品情報はこちら

 > DM-FC100の製品情報はこちら

2021.06.03

記事一覧に戻る